2018/12/24 シンポジウム「鬼無里の里山をつなげるために」

このシンポジウムは終了しました。

かつては利用することで維持されていた鬼無里の山林の荒廃をくい止め
次世代につなげていくためにはどうしたらよいか?
里山保全活用の新しいしくみづくりについて、山林所有者、鬼無里住民、
薪生産者、地域の施設・企業、森林組合、行政など幅広い主体とともに
考えるシンポジウムを開催します。

中山間地における薪の活用について関心のある方
ぜひ、ご参加ください!

開催日:2018年12月24日(月・祝) 9:00~12:30
受付開始8:30
会 場:鬼無里活性化センター2階
長野市鬼無里日影2750-1 鬼無里支所隣り
参加費:無料

<基調講演>
「オーストリア山岳地域に学ぶ森林活用と地域活性化」
講師:青木 健太郎さん
1974年静岡県生まれ。信州大学農学部森林科学科卒業。
オーストリア連邦・国立ウィーン農科大学林務官養成課程修了。
同大学博士号取得。信州大学地域共同研究センター客員教授(2014-2017年)。
現在は、国連食糧農業機関(FAO)ローマ本部で自然資源技術専門官としてアジア地域の持続可能な森林管理・気候変動緩和適応策に関する包括的プロジェクトの立案・実施に従事。

<ディスカッション>
「鬼無里の里山をみんなで利用するしくみづくり」
「鬼無里の湯ホテル&コテージ」に薪ボイラーが導入されて1年が経ちました。
鬼無里の豊かな森林資源を活用しながら、里山の景観整備・獣害抑制・観光振興・仕事づくりなどにつなげていくために、鬼無里ならではの新しい地域連携のしくみづくりについて、意見交換を行います。

【参加申し込みはこちらから】
参加申し込み専用フォーム

※「鬼無里de薪活プロジェクト」は、長野県「平成30年度 薪によるエネルギーの地消地産推進事業」です。

主催・お問合せ
NPO法人まめってぇ鬼無里
TEL: 050-3736-6218  FAX:026-256-2101
E-mail jimukyoku@mamettee.org


ホームページ mamettee.org